浴室の掃除は手こずる可能性大!黒カビ・水垢を撃退する方法

浴室の頑固な汚れを撃退するコツ

 

浴室には簡単には落とせないようなガンコな汚れが多く、タイルの目地のゴム性の素材には黒かびが多く染み込んでいたり、鏡のくもりがとれなくなっていたり、浴槽の水垢が消えなくなっていたりします。

 

浴室の写真

 

 

 

浴室の鏡は水垢がこびり付いていると水を掛けるとキレイになるけれど、水が掛かってない状態では曇って上手に見ることができません。
この水垢を取るには、お酢でふき取ると取れることがあります。またクエン酸を染み込ませたペーパーやラップで覆い、半日以上放置すると水垢をクリーニングできます。(クエン酸保存除去法)

 

 

 

浴槽

浴槽は人間の皮脂やほこりやゴミや入浴剤などの汚れの影響を受けやすい場所なので毎日掃除していても日々の汚れは堆積していきます。
浴槽もステンレス製のものであれば水垢がつきやすいので、酢やクエン酸を雑巾に吹き付けてなぞってみます。
また浴槽にお湯が張った状態でスポンジなどでこするとより効果がでるでしょう。湯舟に浸かって翌朝などの比較的ぬるま湯状態で行うのがポイントです。

 

 

タイル目地

壁や床のタイル調の目地のコーキング部などには、黒かびが発生していることが多く、これはちょっとやそっとのことでは取り除くことができません。
市販の塩素系のカビ取り剤などの製品を利用して除菌していくことになります。しかしこのカビ取り剤を使用して黒カビを上手に除去するためには、それなりのテクニックとノウハウが必要です。カビ取り剤はスプレー状になっていることが多いですが、目地にしっかりと入り込むように吹きかける必要があります。そして吹きかけて拭いたり、こすったりすればカビが取れるわけではなく、やはり数十分から1時間程度そのまま放置する必要があります。その後シャワーで洗い流すことでキレイになるでしょう。

 

 

 

浴室は毎日使用することで、水や湿気がこもります。これが汚れやカビの原因になることは間違いないので、毎日手入れを怠らないことが大切です。
換気をよくして不用意に水で浴室を濡らさないことが大切です。