水回りの掃除の頻度の最適回数-場所ごとの解説レビューつき

ベストな掃除の頻度とは?

 

水回りの掃除は、どれくらい定期的に行ったらいいのでしょうか?

 

キッチン、洗面所、浴室、トイレは毎日使う場所です。できれば毎日掃除したいところですが、それではさすがに時間も余裕もない人のために、最低限これくらいはしたほうが良いという目安をお教えします。

 

手の写真

 

 

キッチン

キッチンのシンクは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが水垢に発展することが多いので、その部分の汚れに関しては1か月に1回程度行えばいいでしょう。水垢を毎日こまめに追いかけることは現実的ではありません。

 

ただ排水口のところはヌメリやゴミが堆積しやすいので、最低でも1週間に1回は掃除することをおすすめします。(注:生ごみは毎日処理をする)
ガスコンロ周りの油汚れも同様に1週間に1回程度、掃除をすることで比較的きれいに保守することができます。

 

 

洗面所

洗面所の排水溝は髪の毛やゴミが溜まりやすく放置してしまうと、水が詰まってしまうこともあるので、最低でも1週間に1度は掃除をしておきたいところです。3日に1回程度行うと掃除も楽でよりきれいに良い状態で洗面所をキープすることができます。

 

 

浴室

浴室はもっとも湿気や残り水がこもるところなので、比較的頻繁に手を入れることが大切です。黒カビの除去などは手間も時間もかかり、酸性の除去剤が材質を傷めるので短いスパンで何度も行うことができませんが、風呂蓋を干したり、浴槽を丁寧に手入れをすることでピカピカな状態を維持することができます。

 

 

トイレ

トイレもできれば毎日掃除をしておきたいところです。
特に床や便器回りなど掃除をしないで放置しておくと尿石が付着して除去することができない汚れになってしまうからです。便器や床・壁をコンスタントに掃除しておくことで、キレイな状態のトイレを気分よく毎日使用することができるのです。

 

もし毎日トイレを毎日掃除することが大変であれば、3日置きでもかまいません。
また便器内にはトイレスタンプなどをしておくと手を入れることなく、水が流れるたびに便器内をクリーニングしてくれるのでとても便利です。

 

それぞれの汚れの原因