水垢・ヌメリは水回りの天敵です。汚れの原因となる物質を徹底解説します。

汚れの原因を理解して掃除に臨む

 

悩む女性の写真

ついつい掃除を後まわしにしていると汚れが積もってくるのが水回りですよね。

 

キッチンや洗面台、浴室など水回りは毎日使うものであるので清潔に保ちたいのはやまやまですが、水垢やヌメリ、黒ずみなどさまざまな汚れがこびりついてしまうことがありますよね。

 

ではこういったヌメリや黒ずみなどの汚れの原因って一体どこにあるのでしょうか?

 

この汚れの正体がわからなければ、適切な処置をすることができません。汚れの原因を解明して普段の掃除に役立てましょう。

 

 

汚れの原因

 

水垢

水垢は湯舟の内側などについていることが多いザラザラとした堆積物です。水垢の汚れというものは、それほど派手な汚れではありませんが、地味に広範囲に層になっていることが多く、「これがきれいになったらどれだけシンクが美しいだろうなー」と思うこともあります。
水垢の原因は水に含まれる金属成分にあるといわれています。シンクの水が蒸発することで水に含まれているマグネシウムやカルシウムなどが酸化して水垢となります。

 

ヌメリ

水垢と並んでシンクの汚れの中で代表的なものの一つです。排水口やキッチンシンク水切りカゴなどでよく発生しています。さわるとぬめっとした感触があるのが特徴です。細菌やカビなどが増殖することによって発生するものだといわれています。特にシンクの水切りカゴに生ゴミが溜まると発生しやすいですね。
とにかく気持ちの悪いヌメリですが、物理的には除去しやすいのが特徴です。

 

黒かび

浴室などで見られるのが黒かびです。タイルとタイルの間のゴム性の素材に付着しているのをよく見かけますね。これは空気中のかびが付着して、その中でまた繁殖しているものです。これは非常にガンコな汚れで自分で掃除するのが非常に困難なのが特徴です。

 

もらい錆び

プラスチック製のユニットバスなどにカミソリなど金属製のものを置いておくと赤く錆びついてしまうことがあります。カミソリやヘアピンだけでなく水道水にも鉄分が含まれているためこまめな掃除を怠るともらい錆びが出てしまうものです。