毛を取ることに特化したペット用の掃除機の実力は高いです。

ペットがいる場合のお掃除

 

ペットがいると抜け毛が悩みの種になるものです。
特に絨毯やカーペット、ソファーなど布製のものは毛が絡みついて通常の掃除機だけでは簡単に取れなくなってしまいます。
対処法としては最新のハイパワー・高機能掃除機を活用するか、掃除機と粘着テープのコロコロを併用します。

 

 

ペット用掃除機の実力

 

最近ではペット用の掃除機が続々と投入されています。
掃除機そのものがペットがいる家庭向けに開発されたものもあれば、ブラシ付きノズルなどアタッチメントのオプションが用意されている商品もあります。
性能はメーカーや商品によって変わってきますが、毛を取ることに特化した商品の実力は高いです。

 

大手通販サイトの口コミ情報でも高評価の掃除機が多数あり、安くてもペットの毛を取ることに関しては優れている人気商品が増えています。

 

ただし、ペットの毛は詰まりやすくサイクロン式など吸引力が落ちないと明記しているものでも、毛が詰まってしまうなどのトラブルもあるようです。
毛が長いペットや夏場など抜け毛が多い時期は、コロコロである程度の毛を取ってからペット用掃除機をかけるなどの配慮が必要です。

 

また、そもそも部屋に抜け毛が散乱しないようにベランダや庭などで小まめにブラッシングして毛を取ってあげることも大切です。

 

 

匂い対策

 

ベッドで寝るヨークシャーテリア

 

ペットは室内飼いや頻繁にシャワーをしてあげても、独特のケモノ臭は完全に取れません。
ペットがいる家庭は、匂い対策にも力を入れましょう。
ファブリーズなどの消臭スプレーだけでもそれなりの効果もありますが、拭き掃除にも消臭効果が高いツールを使ってあげると、より効果的で衛生面も良くなります。

 

ペットは床や壁をなめてしまうので、自然派成分で口にしても悪影響が少ない消臭剤を使いましょう。

 

拭き掃除や消臭スプレーだけではなく、頻繁に換気したり、匂いの原因になる抜け毛を小まめに掃除するなど、匂い対策と掃除をセットで考えるようにしましょう。
オシッコを粗相するなど、キツイ匂いの場合は重曹を活用するのが定番の対処法です。

 

お金をかけずにペット対策の掃除をしたい場合は、拭き掃除の時に重曹を活用する方法が人気です。
重曹は人体に影響がありそうといったイメージを持たれがちですが、食用品もあるほどで少量であればペットが舐めても問題のない成分です。